自作の自動給餌器

自作で自動給餌器が作れる!?

ペットを飼っている人にとって外出中の餌の確保はとても重要な問題です。外出中でも自動で給餌できる機械があり、それが自動給餌器です。ほとんどの人が市販のものを使っていると思います。市販のものであれば、2,000円前後から15,000円前後まで幅は広いですが、いろいろなタイプの自動給餌器があります。飼っているペットにあわせたものを選ぶことができます。

 

さて、そんな自動給餌器ですが、自作してしまおうと考える人もいるようです。自分の大切に飼っているペットなので、機械で餌を与えるにしても自作して愛情を伝えようと考える人もいるようです。また、単純に物を作るのが大好きなので、自動給餌器を自作してみようと思う人もいるようです。ただし、相当の器用な人でないと自動給餌器の自作は危険です。

 

自動給餌器を自作しようとする人の多くが、穴の開いている板を蓋としてそれをタイマーで回転させて下に餌を落とすという方法を考えるようです。もちろん市販されている自動給餌器も仕組みは一緒のものが多いですから、上手く自作できるのなら問題ないと思います。ただし、万が一上手く動かなくなってしまった場合ペットはお腹をすかせて餌を食べる事ができません。ですから、よっぽどの自信がないかぎり自動給餌器の自作はやらないほうがいいでしょう。